四角い顔型を卵型にするためにエラ削り

エラの張った四角い顔型がとても気になっていました

エラの張った四角い顔型がとても気になっていましたが、最初は負担の少なそうなボトックスで誤魔化せないかと考えていました。
ボトックスなら注入するだけなので、それほど身構えずに受けられるからという理由です。
それで以前から目を付けていたクリニックに相談に行き、実際にエラ部分を見てもらったのですが、残念ながらボトックスでは期待するような効果が得られないと言われました。
張って見えるのは顔の筋肉のせいではなく骨格が広がっているためだと指摘され、本当に改善したければエラ削りをするしかないという結論でした。
1週間ほど迷いましたが、長年のコンプレックスを解消するにはこの方法しかないと考え、決断した次第です。
名前からも容易に想像がつきますが、この方法は両方のエラの骨を削り取る施術です。
方法を知って驚いたのですが、口の中からメスを入れて削っていきました。
メスを使うだけでも非常に怖いのですが、当日は全身麻酔を使用しましたので、受けている間の記憶はありません。
麻酔を受ける直前まで不安でしたが、目が覚めた時には終わっていました。
目が覚めたばかりの時には意識がまだぼんやりとしていて、効果も分からない状態です。
恐る恐る触れるとギプスのようなものがつけられていて、輪郭も分かりません。
看護師さんが説明してくれたのですが、この時点ではまだ腫れていて回復までに少し時間がかかることもあるそうです。
個人差もあるようですが、一般的なケースよりも少し腫れが酷いと診断されました。
腫れはあっても、ギプスの上からなぞると骨格のラインがずい分変わっていることが分かります。
角ばっていたエラが無くなり、滑らかなラインになっているのを感じ、目で確認する前ではありますが嬉しくなりました。
嬉しくて何度も触っていたら、まだ回復途中なので触り過ぎないようにと注意されてしまいましたが、やはりはっきりとした効果を実感できるのは感激します。

エラの張った四角い顔型がとても気になっていました | ギプスをつけたまま帰宅 | 完全に治癒するまでには数か月程度が必要