四角い顔型を卵型にするためにエラ削り

ギプスをつけたまま帰宅

術後に入院しないことを聞いていたので、このギプスをつけたまま帰宅です。
あらかじめ家族に車で迎えに来てもらうように頼んでいたため、帰り道も困ることはありませんでした。
ギプス姿はかなりインパクトがありますので、公共交通機関しか手段がない人は人目もあり厳しいと思います。
万が一家族に迎えに来てもらえなければ、タクシーで帰る予定でした。
施術自体は全身麻酔だったのでダメージは少ないのですが、終わった後は予想以上に疲労があり、これは施術前に酷く緊張していたからだと思いました。
翌日もはっきりと腫れていることが分かるくらいであり、何をしていても気になる状態です。
手で触れなくても腫れているのが分かるほどですが、食事は無理のない範囲でできます。
固いものでも時間をかければ食べられないことはありませんが、負荷をかけると回復が長引きそうだと感じて柔らかいものだけを選んで食べました。
最初の3〜4日程度は柔らかいものでないとスムーズに食べられない状態でしたが、5日目以降からは固いものでも食べられるようになり、違和感も大分軽減されます。
術後1週間が経過する頃には腫れが段々と引いてきたのを実感でき、自由がきくようになりました。
それでもまだ、元の状態まで戻っているわけではありません。

Vライン手術はTAKO美容外科でキム・タクホ院長にやってもらった。

この先生めっちゃいい人
だけど手術は下手です…
左右差すごいわ。

骨ガタガタで拘縮すごいわ。

カウセで優しい笑顔にだまされないように。

スタッフさんも超いい人なんだけどいかんせん下手。

#Vライン #TAKO美容外科

— めろ💜整形垢 ルフォー・輪郭三点・両顎・エラ削り・頬骨縮小・脂肪吸引・豊胸・鼻・二重・韓国 (@akebi3k) 2019年7月5日

エラの張った四角い顔型がとても気になっていました | ギプスをつけたまま帰宅 | 完全に治癒するまでには数か月程度が必要

エラ削りえら骨切り :: 酒井形成外科 美容外科